交通事故でケガをすると、そのケガの治療が終わった後も機能面などで固定の症状が残ってしまうことがあります。
その症状によって、生活に差し支えがあったり労働能力に低下が見られると後遺障害ということになります。
後遺障害が残ってしまったら、ケガの治療のための慰謝料とは別に後遺障害慰謝料も請求できます。


また、労働能力の低下に由来する収入の損害を逸失利益として賠償請求できます。
後遺障害の慰謝料や逸失利益は、後遺障害の認定等級に左右されます。

等級の認定は、事前認定として相手の保険会社が手続きすることができます。

事前認定では被害者は特に手続きをしなくてよいのですが、申請に提出される診断書はじめ書類を確認することができないので認定された等級が妥当なものであるかという点では不安が残ります。

事前認定で認定された後遺障害等級については、交通事故を専門にしている弁護士の先生にチェックしてもらうと安心です。



交通事故が得意な弁護士の先生は後遺障害等級に関わる医療の知識も豊富で、認定内容に問題があれば再申請や不服申し立ての手続きをしてもらえます。また、後遺障害の等級認定申請は、被害者請求といって被害者本人が申請の手続きをすることもできます。被害者請求にはいろいろな書類が必要ですが、こちらも弁護士の先生にアドバイスをもらうことで安心して手続きすることができます。

livedoorニュースについて親身になってアドバイスいたします。

後遺障害の認定等級は慰謝料や逸失利益など請求できる賠償金の額に直結しますから、交通事故に強い弁護士の先生に味方になってもらうことで損をしなくてすみます。