交通事故の被害者になってしまうと、相手方の保険会社と示談交渉を進めて請求する賠償金の額を決めていかなてはなりません。

被害者の立場としては被った損害分を正当に請求したいのが当然ですが、相手の保険会社が提示する示談金額に安易に応じてしまうと損をしてしまう可能性があります。



それは、交通事故の損害賠償額については個人や地域による差を減らすために計算基準が設けられていますが、基準はいくつかあってどれを使うかで金額が大きく変わるからです。

マイナビニュースの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

保険会社は加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場なので、金額をできる限り抑えたいところです。そのため、安い基準で算出した賠償額を提示して早期に示談成立とする傾向があります。交通事故の損害賠償額は事故の内容や症例により変わってきますが、特に難しいのが慰謝料や休業補償、後遺障害が残ってしまった症例での逸失利益の計算です。

慰謝料は精神的苦痛に対しての賠償金ですが、自賠責・任意保険・弁護士会と基準が3つありやすい自賠責基準と弁護士基準では金額にかなりの差が出ます。

また休業補償は本人の収入により違ってきますし、後遺障害の逸失利益については障害の等級の認定次第で金額が大きく変動しますから要注意です。



慰謝料や休業補償、後遺障害の等級と逸失利益で損をしないためには、交通事故に強い弁護士のサポートが必須です。

弁護士が示談交渉を代行すれば保険会社のペースで交渉が進められることもなく、正当な金額で請求してもらえます。