交通事故で被害に遭った場合、多くが先方の保険会社に示談金を支払われる、という形で解決に至ります。

しかし、交通事故によるむちうちなどの後遺症は時間が経過してから出てくることも多く、結局は治療費や通院費を負担しなければいけなくなったという状況も多々あります。


また、示談金は多くの場合保険会社の担当者を通じて交渉・支払いが行われますが、これは満足のいく金額でしょうか。

エキサイトニュースに関する情報が閲覧できます。

そもそも、示談金を支払う保険会社だって、民間の営利目的の会社のため、少しでも金額を抑えようとしてきます。
また、金額に納得がいかなかったからと言って、直接保険会社の担当者に掛け合って思い通りの示談金を引き出すのは至難の業です。保険会社の担当者は、このようなケースを取り扱うプロであり、百戦錬磨の相手だからです。


交通事故の示談金に納得がいかないときは、ぜひ弁護士にご相談ください。



特に車同士の事故の場合は、被害者側にもある程度の過失があることが多いため、過失割合を引き合いに出されて、ここから争点になることもあり得ます。
個人対プロの保険会社では、示談金では勝ち目がないことが圧倒的に多いため、この手のプロの弁護士に任せて泣き寝入りしないことが大切です。
多くの人が、交通事故の被害者になることは稀なことなので、「示談金ってこんなものか」「保険会社が言うんだからこんなものなんだろう」と、安易に納得してしまいがちです。

少しでも納得がいかないときは、弁護士に相談することをおすすめします。

相談費用が無料の弁護士事務所も数多くありますので、まずは気軽に相談してください。