交通事故には人身事故と物損事故があります。

人身事故はけがなど身体に損害を受けた被害者がいる事故で、物損事故はけが人がいない事故を指します。

加害者の賠償責任を補償する保険は人身事故と物損事故で異なり、人身事故ではまずは自賠責保険が適用されます。一方、物損事故では自賠責保険からの支払いはありません。

エキサイトニュースサポートと断言できます。

これは、自賠責保険は交通事故の被害者の最低ラインでの救済を目的に国が制定した制度で、人身損害だけを補償の対象にしているからです。


よって物損事故の損害については、自賠責保険ではなく任意保険から補償されることになります。
ここで、交通事故が発生した時には身体的には何の損害もないと思っていても、事故から時間が経つにつれて身体的な不調が発現することがあります。

このようなケースでは、当初物損事故として扱われた交通事故を人身事故に切り替えて正当な人身損害の補償を受けなくてはなりません。
事故が発生した時点でけががないと、警察の見分書では物損事故の扱いになっていますからこれを人身事故に切り替えるためには病院で発行してもらう診断書と人身事故証明書入手不能理由書が必要です。



人身事故証明書入手不能理由書というのは、人身損害が後から現れたので事故当初は人身事故として届けていないことを申請するための書類です。また物損事故から人身事故への切り替えをする際には、加害者も立ち会っての再見分が行われます。
物損事故から人身事故への切り替えをすることで自賠責保険からの補償を受けることができますが、手続きにはいろいろな書類が必要なので事前に弁護士相談をしておくといろいろなアドバイスがもらえ、スムースに手続きできます。

弁護士にサポートしてもらえば、被害者が最大の賠償金を受け取れるように尽力してもらえます。
任意保険の弁護士費用特約を付けておくと、被害者になってしまった時の弁護士相談費用の面でも安心です。