交通事故が起きたら必ず警察に届け出をしますが、警察の実況見分の結果で事件性なしとされればその後の警察の介入はなく、当事者どうしでの解決となります。


交通事故の解決のために、事故の当事者どうしが話し合いをするのが示談交渉です。


示談交渉による解決が難しい場合は調停や裁判に持ち込まれることとなりますが、交通事故全体の9割ほどは示談交渉によって解決しています。

示談交渉は事故の当事者どうしの話し合いです。

あなたの期待に応えるエキサイトニュースの情報サイトです。

しかし、多くの自動車保険に付加されている示談代行サービスを使うため加害者側からは契約している任意保険会社の担当者が交渉にあたるのが一般的です。

つまり、被害者は相手の保険会社と損害賠償に関する話し合いをすることとなります。

ここで、保険会社は多くの示談交渉を行ってきたプロです。



それに、加害者から被害者への賠償金を実際に払う立場ですから安い賠償金で交渉してくる可能性があり注意が必要です。特に精神的な苦痛に対する慰謝料や、収入がベースとなる休業補償や後遺障害の逸失利益については計算方法次第で金額が大きく変わってしまいます。
よって被害者は、相手の保険会社が示した金額を見極めて正当であるかどうかを判断しなくてはなりません。
しかし、金額の判断は被害者に知識がないと難しいため保険会社ペースで示談に応じてしまい損をするケースが目立ちます。



示談交渉で損をしないためには、弁護士の先生のサポートを受けるのが一番いい方法です。
安く見積もった示談金を相手の保険会社が提示してきても、弁護士の先生なら正当な金額で再度交渉し被害者に有利な示談を進めてくれます。

弁護士相談のタイミングですが、示談交渉がもつれたりトラブルに発展してしまってからではなく交通事故直後に相談するのがベストです。

早めに相談しておけば、交渉開始のタイミングや過失割合で有利に話し合いを進めるポイントなど、役立つアドバイスももらえるからです。