交通事故の賠償金額は、事故の当事者同士の話し合いやケースによっては裁判で決定されます。

損害賠償の難しいところは、けがの治療費や物損の修理費用や買い替え代金については実際の出費や損害額で算定できる一方で、被害者の精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料では個人差が大きいことです。
そのため、事故の内容が同じ程度なのに、償金の額が全然違うといった不公平感が生まれる心配があります。

それを避ける目的はで、交通事故の損害賠償における基準が作られてバラつきができるだけ少ないように定額化が図られています。

朝日新聞デジタルの知識を増やしてみませんか。

賠償金の基準は、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準の3つです。



どの基準を使って計算するかで受け取れる賠償金の額が変わってきますので、示談交渉の中で相手の保険会社から金額を示されたら正当な内容かどうかをしっかり見極める必要があります。
しかし、保険会社は示談のプロですし、相手が被害者ひとりとなると保険会社ペースで示談交渉が進んでしまう可能性もあります。

安い示談金で簡単に応じてしまえば損ですから、交通事故に遭ってしまったらすぐに弁護士に相談することが大切です。弁護士に相談しながら示談交渉に臨めば、提示された金額が正当な内容かどうかをすぐにチェックしてもらえますし、不足があれば弁護士による正しい計算で説得力のある交渉ができます。


また弁護士に味方になってもらっていれば、事故の過失割合決定についても被害者が不利にならないよういろいろなアドバイスがもらえます。