交通事故のうち、怪我をした人や死亡者がいないケースが物損事故です。
物損事故では、自賠責保険からの補償がありません。これは、自賠責保険は交通事故の被害者が最低限の補償が受けられることを目的に国で制定した保険制度人身損害だけを補償の対象としているからです。



物損事故では、その交通事故で損壊した物の修理費用や新しく購入するための費用を相手方に損害賠償請求することができ、自賠責保険ではなく任意の自動車保険から補償が受けられます。

では実際にいくら損害賠償請求できるかについては、被害者と加害者の間で行われる解決のための話し合い・示談交渉で決定します。

All Aboutの知識を増やしてみませんか。

示談交渉では、実際の損害を認定したり当事者それぞれの過失割合を計りながら賠償金の額を決めていきます。物損事故の場合、この交通事故に直接関係して破損した部分のみ損害賠償請求の対象となり査定はなかなか複雑です。
また修理不能な損壊を受けたケースでは、例えば車の買い替えということであれば事故車両の時価相当額が損害認定されることになります。つまり、事故に遭ってしまい損害賠償請求をしたことで大きな得がないような仕組みになっていますが、事故の内容や規模はさまざまなので、認定された損害額に納得できない場合は弁護士に相談するのがベストです。

交通事故を専門にしていて示談交渉に強い弁護士なら、被害者が損をせず最大限の賠償金を受け取れるように正当に交渉してくれるはずです。



保険に弁護士費用特約があれば相談費用の心配もなく、最初に提示された損害額が弁護士相談で大幅に上がることもあります。