交通事故の被害者になってしまったら、弁護士に相談するのが一番です。

それも、事故から時間が経ってからではなくできるだけ早い段階で法律相談を受けておくのがポイントです。

交通事故に遭ってしまうと、被害者は相手と示談交渉をして賠償金額その他について解決策を決めていかなくてはなりません。


示談交渉は交通事故の当事者間の話し合いですが、加害者側からは任意保険会社担当が交渉にあたります。

これは、ほとんどの任意保険プランに付加されている示談代行サービスを加害者が使うからです。
つまり実際の示談交渉は、保険会社対被害者で進めることとなります。

東京新聞に関してはこちらのサイトをご覧ください。

保険会社は示談交渉の実績が豊富ですし、支払う賠償金は少ない方がよいため安い示談金で早期解決を図ることが考えられます。

被害者に弁護士が付いていないとなれば、なおさら保険会社のペースで交渉が進んでしまいます。



安い示談金で簡単に示談に応じてしまい損をしないためには、最初から弁護士の先生に味方になってもらうことです。

弁護士の先生に相談していれば、治療費を満額もらうためには治療が終了してから示談交渉を開始するなどの有利なアドバイスがもらえます。


それに、被害者に弁護士が付いているとなれば加害者側の保険会社としても無理な示談交渉を進めることはできません。

相談のタイミングとして、示談交渉がこじれるなどトラブルになってから法律相談をする人が多いのですが、交通事故直後に相談をしていれば最初から有利に示談交渉ができます。