交通事故の被害者は、治療費や休業補償、物損の修理や買い替えの費用、慰謝料などを相手に損害賠償請求できます。

実際にいくら賠償請求するかについては、警察の見分を受けて事件性がないとされていれば民事として当事者どうしの話し合いで決定されます。

この話し合いがいわゆる示談交渉です。


示談交渉は交通事故の当事者どうしの話し合いですが、多くの自動車任意保険には交通事故を起こしてしまった時に備えての示談代行サービスが付いていますので、加害者はこれを活用し交渉は加害者の保険会社と被害者で進められることとなります。

示談交渉では、賠償金額の決定に先駆けて当事者双方の過失割合を決めます。
過失割合というのは、その事故の発生に際してどちらにどの程度の不注意や落ち度があったかを計る数字です。

被害者にも過失があれば、実際に被った損害額から自分の過失割合分を引いて加害者に損害倍賞請求することができます。過失割合は被害者が受け取れる賠償金の額を大きく左右しますから、正当に決定されなくてはなりません。

しかし、被害者ひとりが相手ですと加害者サイドの保険会社ペースで交渉が進められてしまうことがよくあります。



そこで、過失割合や賠償金の請求額で損をしないためには、事故に遭ったらできるだけ早いうちに弁護士相談をしておくのが一番です。

産経ニュースのクチコミ評価が高いです。

交通事故を専門にしている弁護士に示談交渉の代行を依頼すれば、被害者が不利にならないよう過失割合決定の段階から交渉をしてくれます。



過失割合を決定するには交通事故が起こった時の警察の実況見分書が大きな意味を持ちますが、早めに弁護士のフォローを受けていれば役立つアドバイスももらえて安心です。